脱・東京計画〜3児ワーママ移住ログ〜

より楽しく生きるために、移住も含めて暮らし方を模索している3児ワーママの生きる知恵を発信。

真夏の調理に!ホットクックのおすすめ利用方法

キャベツの煮びたし

ホットクックでつくった煮びたし。実働1分。

真夏の調理の救世主

真夏の調理…辛いですよね。
我が家はセミクローズドなタイプの対面キッチンなんですけど、このキッチンが本当に暑い。
こないだ温度計見てみたら、リビングよりも3度高かったです…体感的にはもっともっと暑いですが。

そんな夏の調理にありがたいのが、電動無水鍋の「ホットクック」です。

シャープ 電気無水鍋 2.4L レッド系SHARP ヘルシオホットクック KN-HW24C-R

 ホットクックとは何か…一言でいうと、「炊飯器の鍋バージョン」
材料を入れてスイッチを押せば、カレーやらシチューやら肉じゃがやら、イイ感じに仕上げてくれる優れものです。
予約調理も可能!

うちのは1つ古いモデルですが、最近は白も出たんですね…いいな…。

シャープ 水なし自動調理鍋(1.6L) ヘルシオホットクック ホワイト KNHW16DW


ホットクックのメリット

ホットクックのメリット、いっぱいあるのですが、夏場はなんといっても、
・つきっきりにならなくていい
これです。

調理って、炒めたりかき混ぜながら煮込んだりする時間、すごく多い
火を使うからその場を離れるわけにもいきません。
夏場はほんと、汗ダラダラです。

ホットクックは電動調理してくれるので、材料を入れたら後は全部お任せ
これ、思った以上にラクです。
炒めたり煮込んだりって単純作業なので、そんなに負荷かからないって思ってました。
が、機械にまるごとお任せしてみて、実はものすごい負担だったってことに気づきました。
機械に任せると、子どもと本気でSwitchで遊んでてもOK。
外出だってもちろんOK。
夕ご飯準備への心理的負担がすごーく減りました

ちなみに他のメリットは…

・美味しい
無水調理だから素材の味が濃く出て美味しい。
長時間的確に煮込めるので、お肉も柔らかい

・帰宅後すぐ食べられる
予約調理が可能なので、朝仕込んでおけば、温め直す手間もなく、温かい料理がすぐに
食べられます。
ワーママ時代、これにどれだけ助けられたことか。

ホットクック、我が家のおすすめ メイン編

ホットクックを購入して早一年…。

最初はホットクックのレシピ通りつくってましたが、「これ、電動だけど『鍋』なんだから、別に自分の好きなレシピでつくればいいんじゃ…」と気付き、最近は元々持ってたレシピ本なども参考にしてます。
といっても、材料と味付け真似るくらいで、あとはすべてホットクックにぶち込んでスイッチ押すだけ
ホットクックは自動調理と手動調理があるので、つくりたい料理が自動調理メニュー内にあれば、そのボタンを押しています。

で、色々つくってきましたが、我が家でヘビロテになっているメニューは以下です。

・無水カレー
…ホットクックといえばやっぱりこれ。
水なしで、トマトとセロリと玉ねぎの水分だけで煮込むカレー。
手羽元を使うのだけど、ホロホロに柔らかくなるので、骨から身がすぐ離れて本当においしい。

無水カレーに限らず、ホットクックではカレーよくつくります。
普通のルーのカレーもつくるし、ドライカレーもおいしい。
あとシチューも。

・豚汁
…家族みんなが好きな上に、野菜から肉から全部入ってる万能食、豚汁。
いままで材料炒めてから煮込んで、結構面倒だったのだけど、ホットクックの自動メニューで十分美味しくできる。
夏も豚汁食べてます

・豚の角煮
…これも本当においしい。
お店の角煮みたいにホロホロで味もしみしみ。
角煮好きで、ホットクック購入前もチャレンジしたことあったけど、手間がかかる割になかなか美味しくできず…。
ホットクックでは、手間がなくなりおいしくなり…と、いいことづくめ。

・煮豚
…バラ肉でつくるのが角煮だけど、ロースやもも肉で煮豚もよくつくります。
こちらは自動メニューはないので、手動で40分とか煮込む。
レシピは適当に、持ってるレシピ本の味付けでつくってしまいます。
角煮はおもてなし用で、煮豚は手土産に。

ホットクック、我が家のおすすめ 副菜編

・温野菜
…温野菜といっても、ブロッコリーとかジャガイモとか加熱しただけなんですが…。
が!これが無水調理なのですごくおいしいし、何よりラク
ブロッコリー、ゆでるの面倒じゃないですか?
水たっぷり鍋にいれて、沸かすのだって時間かかるし
そしてお湯沸かすの、暑いし。
ホットクックだと、小房にわけたブロッコリーを、少しの水と一緒に入れて、手動で2分。
(高温になってから2分なので、実際はもう少し時間かかります)。
ほぼ無水なので、湯切りも早いし、本当にラク。
我が家ではブロッコリーの出番が格段に増えました。

ジャガイモは洗って皮付きのまま、まるごと40分。
時間はかかりますが、その分ホクホクで甘い。
時間かかるっていっても、ほったらかしだし…。

一方、ホットクックがいまいち苦手なのが、葉物を茹でること。
ほうれん草、小松菜など茹でてみたのですが、加熱しすぎでフニャフニャになってしまったりと、タイミングが難しい…こちらは研究中です。

・煮びたし
…煮びたし。
これを覚えてから、ホットクックの稼働率が格段に高まりました
基本は、ほうれん草、小松菜、キャベツなどの葉物野菜。
それに、油揚げ、ツナや厚揚げなどの出汁がでるたんぱく質素材をプラスして、味付けに顆粒だしパラパラとしょうゆをたらり。
そして手動で4分程度。
味見してみて薄かったら、かつお節を足したりします。(適当です)
これ、かなり美味しい。
野菜を摂るのに、スープにすることが多かったのですが、夏場は暑くてスープがつくれない。
つくっても、こどもから「熱いよー」と悲鳴が出る。
煮びたしは冷やしても美味しいし、お勧めです。

手間を減らして、でも食事はおいしく健康的に

ホットクックって何がいいかって、調理に向かうハードルをすごく下げてくれることだと思います。
火を使う調理って、どんなに簡単でもつきっきりになってなきゃいけないし、火事ややけどの危険もあるし、やはりどこか、気を張るんですよね。

「スイッチ入れたあとは放っておける」
これって本当にラク。
手間はもちろん、気持ちが本当に開放されます。

 ホットクック、買ったばかりの感動をつづった記事はこちら。
www.tori-mom.com