脱・東京計画〜3児ワーママ移住ログ〜

より楽しく生きるために、移住も含めて暮らし方を模索している3児ワーママの生きる知恵を発信。

大手町牧場は、夏の子連れのおでかけに最適!

f:id:dokonisumu:20180714225555j:plain

真夏のおでかけ…どこに行く?

暑い夏…外を歩くだけでも汗ダラダラ。
最近の真夏の暑さは身の危険すら感じます。
とはいえ、子どもたちとずっと家にいるのは限界があります
運動不足も心配だし、家の中でできる遊びも限られてる。
片づけても片づけても散らかる部屋…。
「暴れちゃダメ!」といっても暴れ、ご近所への騒音も気になるし。
つまりは、親のストレスもMAX。
そんな中行ったのが、都心ど真ん中、大手町にある「大手町牧場」
小2、年中、0歳を引き連れて行ったのですが、なかなかよかったので、お伝えします。

大手町牧場、どんなところ?


■基本情報

  • 所在地 東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 13階
  • 開設時間 平日 12:00~18:00、土 12:00~17:00 (日祝は休館)
  • 目的 地域産業の担い手となる酪農・観光牧場分野の人材を育成し、地方創生に貢献する

■どんな動物がいるの?

私たちが行った2018年6月末は、

  • ヤギ
  • アルパカ
  • ミニブタ

がいて、エサをあげたりできました。
その他エサをあげることはできませんが、

  • フラミンゴ
  • 烏骨鶏
  • フクロウ4種

もいました。
※飼育動物の種類および頭数は変更になる可能性があるとのこと

■何ができるの?

エサが100円で売ってるので、あげることができます。
その他、要予約・別料金(1000円)ですが、アイスクリームづくり体験やバターづくり体験もできます。

■どこにあるの?

オフィス街である大手町の、オフィスビルの13階にあります。

■どうやって行くの?

事前予約・もしくは受付にて申し込み。
HPで予約状況がわかります。
日によっては満席になってしまってることもあるので、予約していくのが無難。

「大手町牧場」、夏の子連れおでかけにピッタリ!その理由とは?

■理由1 アクセスも見学もすべて屋内。暑くない!

真夏のおでかけの大敵は暑さ…。
大手町牧場は地下鉄出口からすぐのビル。
牧場自体もビルの中なので、外を歩かずにすみます

牧場自体は少し蒸すような暑さはあるものの、真夏の炎天下に比べたらかわいいもの。
1点注意したいのが、最寄り駅である大手町駅の広大さ。

東西線大手町駅からだとすぐですが、他の路線だと延々歩かされる可能性があります。今回私たちは丸ノ内線を使ったので、大手町駅着いてから500メートル近く歩きました。
いいけどね…地下道だからさ…。

都内どこからでもアクセスの良い大手町
オアゾや日本橋三越などのショッピング施設も近いので、買い物ついでに寄ることも可能です。

■理由2 都心の施設なのに!圧倒的コスパの良さ

この施設、入場料無料です。
見るだけならタダ。
エサやりをする場合も、エサ代100円のみ。
ちなみにエサは干し草状のものがプラカップいっぱいに入っており、結構長持ちします。
「あっという間に食べ終わり、モグモグタイム終了…」ということはありません。
更に、予約制だからか混雑することもなかったです。
私たちが行ったのは土曜日だったにも関わらず、私たち以外は4組程度しかいませんでした。
ゆったりと動物と触れ合え、「ブタって実はかわいいね!」とか「こうやって口を動かすんだね」とか、じっくり観察して子どもたちと会話できました

子どもとのおでかけって、正直、「子どもが喜ぶかどうか」はバクチみたいなところがあります。
「料金が高い施設だから楽しい」というわけもなく。
けれども親からすると、入場料が高かったり、長時間並んだりの「コスト」を払うと、「何が何でも元取らないと!楽しんでもらわないと!」と思いがち
子どもにしたらいい迷惑ですよね…スミマセン。

入場料が無料だったりすると、仮に子どもが楽しめなくても、「まぁいっか、そういうこともあるだろ」ですみます。

■理由3 動物たちと適度な距離感で触れ合える

この施設、動物園のふれあい広場のように動物を放し飼いにしているわけではなく、柵越しに動物にエサをあげるスタイル

ここは人によって、メリットととらえるかデメリットととらえるか分かれるところだと思います。

うちの子、特に小学生の兄は動物に興味があるものの、恐怖心が先行するタイプ。
いわゆるビビリで、ふれあい広場などは怖くて腰がひけて、あまり楽しめてませんでした。
年中の妹は動物大好きですが、潔癖気味で、コロコロのヤギのフンが気になって、これまたふれあい広場ではのびのび遊べてませんでした。
そんな二人にとっては、この「大手町牧場」の距離感はちょうどよかったようで、「楽しい!」と大喜びしていました。

大手町牧場、デメリットは?

デメリット…というほどのものではないのですが、あえて挙げるとすると、

  • 小さいこと

でしょうか。

牧場、という名前ですが、当然普通の牧場ほどの規模はありません。
北海道在住の妹に写真を見せたら「…ペットみたいだね」と言っていました。
でも狭い分、動物は身近に見られるし、小さい子を連れて延々歩かなくていいのもメリットに感じています。

それから、牧場なので当たり前ですが、

  • 多少、ニオイがある

ということも。
とはいえニオイは少ない方だし、すぐ慣れる程度のもの。

おでかけは、余力を残して、ちょっと物足りないくらいがちょうどいい

子連れでおでかけすると、全力で遊びきる子どもにつきあって、こちらもクタクタになることも多々あり。
でも、家に帰ってからも育児は続く
体力ゼロになって、イライラしてせっかくの楽しかった1日を台無しにしないためにも、夏のお出かけには、ちょっと余力を残しておきましょう。
大手町牧場は、そんな「ちょっとそこまで」のおでかけに、最適な場所なのでした。