脱・東京計画〜3児ワーママ移住ログ〜

より楽しく生きるために、移住も含めて暮らし方を模索している3児ワーママの生きる知恵を発信。

移住先候補、福岡へ下見!前日までにやってよかったこと

移住したい、福岡だ!といいつつ、実は福岡はおろか、九州にも行ったことがないのだった。さすがにその状態で移住は無理なので、下見に行くことに。出産予定日7週間前の空の旅。予算と仕事の関係で一泊二日。なかなかに無理があるが、生まれてしまってからだと飛行機の旅は更に困難。今しかないのである。

移住先への下見、何を見てくればいいの?

さて、そんな限られた貴重な下見の旅、有意義なものにしたい。しかし意外なほどに「下見の観点」的な情報が見つからない。移住本などでは「観光で行って通ってるうちに好きになって…」とか「元々知り合いがいて…」などのパターンが多く、初めての土地、子連れ、一泊二日の弾丸…そんな我々に合う情報は見つからなかった。

しょうがない、ならば自分たちで観点設定するか…ということで、家庭内ブレスト決行。「あたらしくすむばしょが、どんなところだったらいいか」ということで、6歳4歳の意見も出してもらった。

・自然と街と住宅地が近い

・食べ物がおいしい

・物価が安い

・住宅費が安い

・気候が穏やか

・人の感じが自分と合う

・混雑していない

(・医療体制が整ってる)

(・治安がよい)

(・小学校、保育園が近い)

このうち、カッコ書きのものは、福岡という自治体のスペックというより、住むエリアの問題なので、今回の下見のスコープ外とした。

 移住相談センターの神対応に助けられる

チェック項目は決まった。が、実際どうやってまわるのか。「いきあたりばったりでドライブしてたら大体わかるんじゃん?」などと呑気なことも話していたが、安くはない費用をかけてせっかく下見に行くのだから、出来る限りのことはして、有意義にすごしたい。

そんなことを思いつつ、以前移住相談センターでもらった資料を見ていたら、相談センターの福岡窓口のところに「移住の下見の前にはご相談ください」の文字が。早速電話してみた。

私たちの状況(家族構成、都心部への通勤を希望していること、子育て環境を重視していること)と上記で洗い出した観点を伝えると、おすすめスポットをメールでもらえるとのこと。数時間後に送られてきたメールがとても詳細・丁寧で感動したのだった。

全文載せるのもアレなので、ざっとまとめると以下の通り。

 ・居住環境、子育て環境は、春日市、糸島市、福岡市(高宮、大橋、貝塚、藤崎、桜坂)はオススメ

・家賃相場(80㎡以上都市圏30分圏内、最寄駅まで徒歩10分圏内)は、7~10万円位

・来福中の行動プランは、都心から30分以内なら大濠公園・舞鶴公園(福岡城址)を散策。1~2h
シーサイドももち(砂浜の海岸)と図書館・博物館を散策。1~2h
庶民の生活は西新の商店街を。0.5h
あたりでしょうか。

時間あれば糸島の二見ヶ浦やサンセットロードをドライブ。道沿いのカフェで食事(休日なので多いかもですね)博多駅から車移動込で3~4h

うきは市(福岡県の南東部になりますが)彼岸花がきれいな時期なので、白壁の町吉井と併せて。高速道移動。博多駅から車移動込で4~5h

広い春日公園は休日はファミリーで一杯。いいところなのですが、交通渋滞がマイナス点。天神から車で片道1h

等々…。

 この他、別添資料として、オススメ物件一覧や、3市の特徴や学力テストの結果やこども医療費の情報をExcelでまとめて送ってくれた…

この行動プランを元に、前日にスケジューリング、結論として、すごく充実した2日間になったし、現実感というか、仮に移住したとして、移住した後の生活にリアリティが出てきた。

直前まで仕事でバタバタしており、正直「言ったら何とかなるんじゃね?」とも思ったが、最低限でもスケジュール立ててから出発してよかった。